ハーフリンガル矯正で目立ちにくく割り安治療しよう

矯正歯科治療にはいくつかの方法があります。
一般的な方法としては、矯正装置を歯の表面に取り付け、ワイヤーを用いて歯を正しい位置へと導くという方法です。
しかし、この方法は矯正装置が見えてしまうため、見た目を気にする人には向いていない方法です。
そのデメリットを解消する方法として、歯の表面ではなく裏側に矯正装置を取り付ける裏側矯正という方法があります。

表面矯正・裏側矯正の良いとこ取りの方法がハーフリンガル矯正という方法です。
ハーフリンガル矯正は、矯正装置を歯に取り付け、ワイヤーを通して歯を動かしていくという方法ですが、下の歯には歯の表面に、上の歯には歯の裏側に矯正装置を取り付けるというものです。

裏側矯正もしくは舌側矯正と呼ばれる方法は、矯正装置が目立たないというメリットはありますが、適用範囲が狭いため、歯並びによっては治療の対象とならないこともあります。
近年では、その差も縮まってきていると言われていますが、ハーフリンガル矯正であれば、それぞれの良いところを取り入れているため、様々な歯並びの治療に対応することが出来ます。

また、主に人の目に触れる上の歯に対しては、歯の裏側に装置を取り付けるため、見た目が気になるという人でも安心して治療を受けることが出来るでしょう。
治療期間は、一般的な矯正治療に比べると若干長くなる傾向にあります。
元の歯並びにもよりますが、3年以上かかることも珍しくはありません。
費用は、上下の歯に対して裏側矯正を行うよりも割安となります。

ハーフリンガル矯正のメリットとしては、装置が目立ちにくいため、治療を受けていることをコンプレックスに感じなくてすむということや、下の歯は歯の表面に装置を取り付けるため装置が舌に触れず、違和感が少ない・発音への影響が少ないということがあります。

ハーフリンガル矯正のデメリットとしては、歯磨きをしても磨き残しが多くなる傾向にある、装置を装着することで違和感を感じるなどがあります。
定期的に検査を受けることにより、虫歯や歯周病のリスクを減らすことが出来ますし、正しい歯磨きの方法についてのアドバイスを受けることが出来ます。
歯磨きをする時には、コンパクトな歯ブラシなどを使用することで、磨き残しを最小限にすることが出来るでしょう。
また、装置を装着後の違和感については、早い人では数日、遅くとも2週間ほどで慣れますので、大きなデメリットというわけではないでしょう。